現在、聴覚に障害のある人達は全国で約29万人にも上るようですね。聴覚に障害がある場合は、音声によってコミュニケーションを図ることは困難へと繋がります。そこで手話通訳士は、政見放送や講演会など色んな場所で手話による通訳を行い、聴覚に障害のある人と障害のない人との意思疎通の手助けを行っているのです。この手話通訳士は、平成元年から始まった手話通訳の技能に関する厚生労働大臣認定の資格となっていて、取得する為にはまず、厚生労働省厚生労働大臣認定の手話通訳技能認定試験に合格しなければならないでしょう。その後、社会福祉法人聴力障害者情報文化センターに登録することで手話通訳士の資格を得ることができるはずです。手話通訳士の主な就職先としては、聴覚・言語障害者福祉施設、老人ホーム、ボランティア団体などが挙げられます。手話通訳の仕事をする為には、絶対に手話通訳士の資格が必要と言う訳ではありません。けれど、手話通訳士の資格を持っているという事は、手話通訳に関する高度な知識や技能を持っている事の証明のだそうです。「手話奉仕員」や「手話通訳者」などに比べたら、必要となってくる機会も多くなるでしょう。また、行政機関などで手話通訳の職員などを募集する場合、手話通訳士の資格を持っているよりプロフェッショナルな人を条件にしている所が多いみたいです。障害のある人の社会参加を促進するのでにも、これからどんどん手話通訳士が活躍する場面が増えていくことと思いますよー